Loading

INFORMATION

理事長あいさつ


2021年度 一般社団法人美唄青年会議所
第59代理事長 松岡 一樹
スローガン 現状打破 ~変化に挑む~

 第59代目の理事長の任にあたりご挨拶を申し上げます。まず、旧年中は美唄市民の皆様をはじめ、関係諸団体の温かいご支援・ご協力のもと、美唄青年会議所メンバーが一つとなり、まちづくり・ひとづくり運動を展開できましたことに心より感謝申し上げます。
 一般社団法人美唄青年会議所は1962年に設立され昭和、平成そして令和へ歴史と想いを紡いできました。偉大なる先人たちは新日本の再建は我々青年の責務であると創始の精神を胸に青年が先頭に立ち、地域の課題解決を賛同者と共に乗り越えてきたのです。59年もの間紡いできた歴史と志を胸に本年は様々なことに挑戦していきます。
 昨年の4月7日に新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が7都道府県に発令し、同年4月16日に対象が全国へと拡大しました。緊急事態宣言の発令を皮切りに新しい生活スタイルを余儀なくされ我々の行う「まちづくり運動」に対して大きな影響を与えました。
 本年度は「現状打破~変化に挑む~」をスローガンに掲げ、創始の精神を胸に「明るい豊かな美唄」の実現するため、これまで築き上げてきた関係諸団体と新たな賛同者と共に運動を展開していきます。しかし我々はボランティア団体ではありません。美唄が抱える問題に対して解決策を模索し主体的に行動し継続することで、市民を巻き込み新たな賛同者が生まれ、地域の成長を促すことができます。「人任せ」にせず自らが置かれている現状をしっかりと理解し主体的に行動することで新たな友情や多くの賛同者とともに、コロナ禍という現状を打破すべく運動をしていきます。
 青年会議所は40歳という限られた時間の中で様々なことに挑戦しており、その中で共に活動する新たな仲間をお待ちしております。私たちとともに「明るい豊かな美唄」実現のため活動をしましょう。いつでもご連絡お待ちしております。
 最後になりましたが、今後とも変わらぬご支援・ご指導を賜りますようお願いし、挨拶とさせていただきます。

PAGE TOP